女性特有の病気になっても安心の女性保険

女性特有の病気になっても安心の女性保険

女性特有の病気のための保険を考えておきましょう

子宮がん、子宮頸がん、乳がん、女性でしたら気にかけないといけない病気です。特に最近気になるのはCMでもやっている「子宮頸がん」についてです。女性特有の病気は多くありますので保険選びも大切ですね。女性用保険で女性特有の病気に備えよう

卵巣子宮内膜症と子宮腺筋症の私の場合。

19歳のときに、まだ独身なのに、子宮内膜症の臨床診断を受けました。以後、46歳の現在まで、ずうっとこの病気とお付き合いです。 
子宮内膜症というのは、本来子宮の中にだけできるはずの組織が、子宮以外の場所にできてしまう病気です。原因は今のところよく分かっていなくて、経血の逆流とか、生来性の免疫不全だとか、環境ホルモンや、果てはチェルノブイリの飛来物まで、諸説ありますが、いまのところ、これ、という決定的な結論は出ていません。 原因もはっきりしなければ、治療方法も、完治までさせる方法は見つかっていません。
子宮以外のところにできてしまった子宮内膜は、女性ホルモンの働きで、定期的に増殖と出血を繰り返します。そのため、生理のたびに強い痛みに悩まされますし、出口の無いところで出血するために、次第に血液の固まりが大きくなり、癒着が起こったりします。

発症すれば、病状を緩和させたり進行を遅らせることはできますが、完治させる方法は無いので、悪化した場合は、手術で臓器を摘出する以外の治療はありません。完治はせず、根治させるしかないのです。

子宮周りの病気は、必ずと言っていいほど、女性のライフサイクルである、結婚、妊娠、出産、に関わって、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。私の場合は、結婚が早くて、初産の年齢が早かったことと、出産経験が多かったことで、子育て年齢は比較的大問題にならず、過ごしてこられました。

月経前症候群

月経前症候群(PMS)という言葉をご存知でしょうか? 月経前の女性なら何らかの症状を、経験した事があるという方は結構いると思います。例えば、イライラしたり食欲が増えたりと言った事も、この月経前症候群の症状にあたるそうです。

食欲が増えてしまう程度の事でしたら、それほど気にする事もないかと思いますが、人によっては偏頭痛が起きてしまったり、体が熱っぽくてダルくなってしまうなど、場合によってはイライラと怒りやすいどころか、鬱症状になってしまう人もいます。

月経前のイライラは自分自身だけでなく周りの人にも、知らず知らずに迷惑を掛けてしまう事があるので、時分が月経前症候群であるかどうかを確認する事が大切です。
そして生活習慣などが乱れていたりする場合症状が悪化してしまうそうなので、月経前の症状が辛いという人は日頃から生活習慣を見直し、規則正しい生活を心掛ける事が大切です。

そうして行く事で、月経中の腹部の痛みが軽減する事もあるようなので、カフェインなどを取り過ぎたりしないように気を付けてほしいと思います。

子宮頸がんと女性の病気

住んでいる地域でも違うと思いますが、この時期になると健康診断のお知らせがきます。 私が特に気になるのは、女性ならではの病気の検査です。 子宮がん、子宮頸がん、乳がん、女性に生まれた方だったら気にかけないといけない病気です。

特に最近気になるのはCMでもやっている「子宮頸がん」についてです。 子宮頸がんはがんとしてはめずらしくワクチンで予防できるがんです。 CMでも若い10代のかたにワクチンを受けてくださいといっています。 昔は30代、40代の方がなる病気でしたが最近では若い20代の女性がなるがんということもあって、とても恐ろしく感じます。

がんというとどうしても若いうちは大丈夫と思って検診など受けないのですが、この子宮頸がんに同年代20代後半の友達がなってしまってから認識が変わりました。 幸いまだ初期段階の発見でしたので、転移もなく局部治療で治ったそうです。定期的な検査は必要ですが、今後の妊娠や出産も大丈夫ということでした。

友達の件からも女性特有の病気というのは、とてもデリケートな問題と密着していると感じます。 それだけに、普段からの食べ物や生活習慣を気を使ったり、早めに検診にいくなどの心がけが大切だと思います。


Copyright © 2012 女性特有の病気になっても安心の女性保険 . All rights reserved